クレジットカードの暗証番号の確認方法

クレジットカードの暗証番号を忘れてしまった、というときには照会手続きなどで確認しましょう。

 

クレジットカード各社では、24時間受付の自動音声サービスに電話することで、1週間程度で書面で通知が送られてくるようになっていることがほとんどです。楽天カードでは、楽天e-NAVIを利用して書面の郵送なくすぐに確認して使えるようになっています。セキュリティ面もしっかりしていますので安心して確認できます。もちろん必ず本人が問い合わせする必要があります。

 

クレジットカード会社によっては、インターネットで申し込むこともできる場合もあります。暗証番号の変更もできるようになっているクレジットカード会社もあります。

 

日本国内では暗証番号をあまり使うことがありませんから、クレジットカードを作ってから時間がたってしまうと忘れていることもよくあります。海外では、暗証番号の入力を求められることも多いですから旅行に行くときには事前に余裕を持って確認しておくほうがよいでしょう。

 

日本でも、最近は暗証番号を入力する機会が増えています。特に旅行に行く予定がなくてもあわてないように、時間があるときに確認しておくことをおすすめします。

 

キャッシュディスペンサーで試しにキャッシングをしてみる、という方法もありますが、もしも間違っていると3回程度でロックがかかってしまいカードの再発行となってしまいます。やはり、キャッシュカード会社に確認しておいたほうが確実でしょう。
参考サイト・・・デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)

クレジットカードの暗証番号の間違い

クレジットカードの暗証番号間違いをしてしまったとき、3回間違うと暗証番号では買い物できなくなってしまいます。そのときは店舗でサインを求められて買い物をするということになります。普段あまり暗証番号を使い慣れていない人であれば、とっさのときに出てこないということはよくあります。はっきりしない場合は最初から店舗でもサインで、ということを伝えた方がよいでしょう。

 

さて、3回間違えた後クレジットカードが使えなくなってしまうということもおこります。この場合は、日本ではカードを作り直して再発行ということになりますので、現在暗証番号がはっきりしていないな、という方はクレジットカード会社に確認の連絡を入れるようにしましょう。郵送で暗証番号が送られてきて確認することができます。

 

クレジットの暗証番号というのは、実は機械のための認証方法なのです。これはICカードで利用することになります。しかし、ICがすべてのクレジットカードに標準的についているというわけでもありませんので、以前からのサイン決済の習慣はなくなっていません。磁気のクレジットカードはサインに対応していますし、ICチップは暗証番号に対応しているということがいえます。

 

ネットショップなどでは、暗証番号を記入することはありません。その代わりにカードの裏のセキュリティコードを利用したり、別途定めたパスワードなどを入力することになります。これは、ネットショップでは秘匿性を保つことが難しいために摂られている措置ということができるでしょう。