クレジットカードの暗証番号の確認方法

クレジットカードの暗証番号を忘れてしまった、というときには照会手続きなどで確認しましょう。

 

クレジットカード各社では、24時間受付の自動音声サービスに電話することで、1週間程度で書面で通知が送られてくるようになっていることがほとんどです。楽天カードでは、楽天e-NAVIを利用して書面の郵送なくすぐに確認して使えるようになっています。セキュリティ面もしっかりしていますので安心して確認できます。もちろん必ず本人が問い合わせする必要があります。

 

クレジットカード会社によっては、インターネットで申し込むこともできる場合もあります。暗証番号の変更もできるようになっているクレジットカード会社もあります。

 

日本国内では暗証番号をあまり使うことがありませんから、クレジットカードを作ってから時間がたってしまうと忘れていることもよくあります。海外では、暗証番号の入力を求められることも多いですから旅行に行くときには事前に余裕を持って確認しておくほうがよいでしょう。

 

日本でも、最近は暗証番号を入力する機会が増えています。特に旅行に行く予定がなくてもあわてないように、時間があるときに確認しておくことをおすすめします。

 

キャッシュディスペンサーで試しにキャッシングをしてみる、という方法もありますが、もしも間違っていると3回程度でロックがかかってしまいカードの再発行となってしまいます。やはり、キャッシュカード会社に確認しておいたほうが確実でしょう。

 

参考:クレジットカード即日発行マニュアル|即日クレカの選び方4項目

クレジットカードの暗証番号の間違い

クレジットカードの暗証番号間違いをしてしまったとき、3回間違うと暗証番号では買い物できなくなってしまいます。そのときは店舗でサインを求められて買い物をするということになります。普段あまり暗証番号を使い慣れていない人であれば、とっさのときに出てこないということはよくあります。はっきりしない場合は最初から店舗でもサインで、ということを伝えた方がよいでしょう。

 

さて、3回間違えた後クレジットカードが使えなくなってしまうということもおこります。この場合は、日本ではカードを作り直して再発行ということになりますので、現在暗証番号がはっきりしていないな、という方はクレジットカード会社に確認の連絡を入れるようにしましょう。郵送で暗証番号が送られてきて確認することができます。

 

クレジットの暗証番号というのは、実は機械のための認証方法なのです。これはICカードで利用することになります。しかし、ICがすべてのクレジットカードに標準的についているというわけでもありませんので、以前からのサイン決済の習慣はなくなっていません。磁気のクレジットカードはサインに対応していますし、ICチップは暗証番号に対応しているということがいえます。

 

ネットショップなどでは、暗証番号を記入することはありません。その代わりにカードの裏のセキュリティコードを利用したり、別途定めたパスワードなどを入力することになります。これは、ネットショップでは秘匿性を保つことが難しいために摂られている措置ということができるでしょう。

クレジットカードを手にしたときの注意点

"クレジットカードを手にしたら、いくつかの注意点があります。クレジットカードは、ショッピングやキャッシングなど便利に利用できますが、使いすぎやセキュリティの面などで心配に思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。

 

まずは、クレジットカードを受け取ったらそのときすぐにサインをしましょう。裏面の署名欄のところに書いておきます。本人であるという証明になるものです。アルファベットでも漢字でもどちらでもかまいません。漢字のほうが海外ではまねしにくいから安心ともいわれていますね。

 

クレジットカードの最大の心配事といえば使いすぎでしょうか。本当ならカードを持つと気が大きくなってしまって、高額の買い物をしたくなるという人はクレジットカードを上手に利用することには向いていません。クレジットカードは、当たり前のことですが自分が支払うべきお金を一旦立て替えてもらっているという考えで利用するべきなのです。

 

また、あまり頻繁に使うことがないためか、暗証番号を忘れたり、推測されやすい番号にしてしまったり、といった方がとても多いのです。誕生日や電話番号など、推測しやすい数字は選んではいけません。最近では、サインなしで暗証番号を端末に入力して買い物できるお店が増えてきています。

 

難しいことはありません。少しの注意点に気をつけていれば、クレジットカードは便利な上にお得、さらに安全で利用価値の高いアイテムということができるでしょう。"